サイレーン 2巻

サイレーン(2) (モーニングKC)
サイレーン 2巻
山崎紗也夏
講談社

事件の解決につながる言葉を口にする橘カラに信頼を寄せる猪熊、しかし、里見は彼女に疑念を抱く。

機動捜査隊としても、プライベートでも、相方同士の里見と猪熊の、
仕事で便利にこき使われながらもドタバタ紆余曲折ありながらも
事件を解決しちゃう面白劇が繰り広げられる一方、
猪熊に近づく謎の美女、橘カラの
不可解な行動と、彼女の周りで次々起こる事件の不気味さが
ミステリアスなお話2巻。
再び起こった殺人事件の解決に
カラとの会話が役立ったことで
猪熊がカラを信用し始める一方、
都合の良すぎるカラの言動もあり
彼女に違和感を感じる里見、という構図が
この先のストーリー展開の鍵となりそうな、
その下地を作っているかのような今巻。
未だ、カラが猪熊に近づく理由がはっきりしないけれど、
そのヒントとなるものが
とある殺人事件で浮上。
これが後々どう関わってくるか、
先が楽しみになところ。
橘カラというストーリー上の大きな存在を追ううちに
それに伴う殺人事件が連続する中、
小さい事件もちょいちょい解決していく
できる機動捜査隊員のコンビがどうなってしまうのか、
見もの。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定