デンキ街の本屋さん 6巻

デンキ街の本屋さん 6―BOOKSうまのほね (MFコミックス フラッパーシリーズ)
デンキ街の本屋さん 6巻
水あさと
メディアファクトリー

恋の花咲くうまのほね、その影に、想い叶わず泣くものあり。

電気街のそっち系の人向け書店を舞台にした、
恋に、趣味に、夢に向かってがんばる店員たちの
泣き笑い物語6巻目。
すっかり良い感じの仲になってきた
カントクとひおたん、ソムリエと腐ガールの
関係進展のあおりを受けて、
カントクに未練ありまくりのつもりんだけでなく
子どもの頃からのソムリエファン、エロ本Gメンも
切ない思いをすることになっちゃう展開に、
ちょっとしんみり。
うまくいくカップルの両人なんて
紆余曲折あろうとも最終的に収まっちゃうから、
想い叶わず泣くキャラの方が
応援し甲斐もあるし、思い入れは強くなるよね。

ただし、先生の魅力を正しく理解している海雄だけは
評価せざるをえまい。
メガネは女子力の計算式にプラスの値しか与えない。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定