スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波打際のむろみさん 10巻

波打際のむろみさん(10) (少年マガジンコミックス)
波打際のむろみさん 10巻
名島啓二
講談社

たっくんもいよいよ受験シーズン、その時むろみさんたちは。

人魚を釣り上げたのをきっかけに、
古今東西の様々な人外生物と交流するようになってしまった男子高校生、拓朗。
面倒くさいと思いつつもそんな環境を楽しむ彼の日々も10巻目、
交流の幅は、人魚界から伝説の生き物までずいぶん広がったけれど、
みんなさっぱり成長してないか、ハーピィのように斜め上に成長してしまっているキャラばかりなおかげで
グダグダした異種間交流が続くのみ。
特に、乙姫様のデレとか、
イルカの凶悪化とか、
なかなか見せ場がこなくて残念だ。
キャラのかわいさは、それぞれが深く掘り下げられたこともあって
伸びてるんだけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。