蜜の島 2巻

蜜の島(2)
蜜の島 2巻
小池ノクト
講談社

言葉が通じても風習が日本とは全く異なる島で、本土から来た者たちは次々と…

友人の遺した子どもを、母親の故郷である
地図にも記されていない島に戻しにやってきた南雲。
しかし、島に暮らす人々のあまりにも奇怪な風習と
意図の読めない言動、
そして、彼らを狙う者たちの攻撃を前に
必死にサバイブすることになる
ミステリアスストーリー2巻。
島の風俗慣習、特に、死に対する考え方の違いゆえ
地元民と軋轢を生むことになってしまう本土からやってきた者たちなので、
ただでさえ、意図の読めない襲撃に加え、
一部の者の怒りも買ってしまう。
おかげで、さらなる犠牲者が出ることとなり、
かろうじて生き延びている南雲も
ミツの扱いを迷うまま
島の者の言いなりになるしかなく。
次々巻き起こる奇妙な出来事と
落としどころのわからない先の読めない展開が
見事に心をかき乱してくれるこの作品、
どう決着するのやら。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定