げんしけん 21巻

げんしけん 二代目の十二(21)<完> (アフタヌーンKC)
げんしけん 21巻
木尾士目
講談社

班目ハーレム崩壊の先に待っていた結末とは。

班目が登場キャラたちの心を惑わし
春日部さんがここぞで美味しいところを持っていく、
気が付けば、OB勢にすべてを乗っ取られたげんしけん二代目が、
その班目がけじめをつけたのと
影の主人公クッチー卒業のために完結。
初代より長い巻数で濃密な一年を見せてくれた一方、
新世代のエピソードや設定が回収不足なままになっているという点から、
三代目を期待せざるを得ない締まり方になってしまいましたな。
ifの方だけでは満足できないし。

オタク特有のコンプレックスの闇面が時々顔を覗かせるも
落ち着くべきところにきれいに落ち着いたあたりが
きれいで楽しいオタクライフを描いてる読後感を与えるんだろうなあ、という結末。
こんなに美しい世界じゃないよリアルは、と思いつつ
すっきり読み終われるのは良いなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定