ひめなカメナ 4巻


ひめなカメナ 4巻
結城心一
一迅社

海の城の姫候補ひめなとひめなの元にやってくる仲間や敵や。

怪しい生物いっぱいなこの作品も、ついに完結。
個性あふれるキャラクターたちを楽しむのがこの作品の楽しみ方だと思うが、
どのキャラも強い個性があって
ぶつかり合ってごちゃごちゃになってしまうにもかかわらず
その破綻感が楽しい。
新たなキャラはそれほどなかったけど、
今までの色々な伏線や問題が一気に解決して大団円。
一部キャラはぞんざいな扱いで、
あらら、という感じだったけど。
改造された足夫とかいかにも結城心一的で
登場したところを見たら
妙な安心感を感じてしまった。
独特の雰囲気や話の展開は
次の新連載の作品でも楽しめるのかな。

いさりの扱いがうれしい終わり方。
マッドサイエンティストなキャラは昔から好きだけど、
改造キャラは結城心一作品にはなくてはならない存在なので、
それを作り出すキャラの存在感は大きくて、
個人的には良い方向性だった。
最後にあの鎌が。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定