アンデッド


アンデッド
井上和郎
小学館

この世に想いを残して死んだ人がアンデッドとしてその想いをかなえる。

死んだ人の想いは生き続けている、という物語全体のテーマが
タイトルとぴったり合っている作品。
一話完結型なので
当たり外れはあるけれど、
井上和郎氏の過去の代表作でおなじみのコメディ展開だけでなく、
しんみりな話もなかなか。
この話の設定をうまく活かしたストーリー展開で
うまいこと描かれている。
死に方にちょっと強引なものが多いけど、
恋人とか家族とか、
大切な人を亡くしたことを通じて分かることが普通に描かれているだけで
奇をてらった話ではないけれど、
十分楽しめた。

殺し屋ナナ美の話は微妙だったので、
せっかくのメガネキャラだったのに見せ場なく残念。
この話を一話で完結させるのは厳しかったような。
この設定で一つ作品できるんじゃ、と思えたくらいだし。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定