スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コッペリオン 2巻

COPPELION 2 (2) (ヤンマガKCスペシャル)
コッペリオン 2巻
井上智徳
講談社

遺伝子操作により放射能抗体を持った女子高生たちが、原発事故で放射能汚染された東京で生存者を捜す。

1巻に引き続き、3人組が生存者を探索中。
重要人物と接触したことで話も大きく展開したし、
謎のステルスも登場して
この先のストーリーの向かう先は楽しみにさせられる。
ジープで追いかけっこの場面など戦闘場面は
無茶な感じを忘れさせてくれる描かれ方で、
見ているだけでも楽しませてくれた。
でも、イオン交換体で放射性物質を無効化するとか、
何で明らかにおかしな設定を表に出しちゃったんだろう?
こういうのがなけりゃあな、と思わされてしまう作品。
科学の恩恵を受けるときは絶賛するくせに
その裏にあるマイナスの面は徹底的に批判して、という人たちに
ツッコミを入れるかのような論調は好きなんだけど、
作品自体がツッコミどころ満載だから。

タエ子の眼鏡の秘密が明らかになった2巻。
でも、荊に美味しいところを全部持っていかれているから、
相変わらず、葵とともに存在感がいまいちなのが残念なところ。
せっかく能力を発揮する場面があったのに。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。