ラブやん 11巻

ラブやん 11 (11) (アフタヌーンKC)
ラブやん 11巻
田丸浩史
講談社

三十路のニート、カズフサがついに親元を離れて暮らすことに。

相変わらずのカズフサのダメっぷりだけど、
アパート暮らしを始めたことで
ストーリーはそのままに
雰囲気は大きく変わった11巻。
ラブやんとの夫婦漫才に加え
新キャラのシラとクロエのコンビが登場で、
久しぶりにキューピッドらしい話も堪能。
「委員長」話にジャモジ、ヒデヒコにみのっちと
相変わらずな話も面白いしマンネリ化もそれほど気にならないんだけど、
5年以上時の止まったカズフサの将来と
この作品の収束方向が
とても心配。
面白ければそれでよい、という話もあるか。

萌がターゲットから外れても
赤井みのりは健在だし、
何より、カズフサ達の住むアパートの大家さんが
漢らしくて素晴らしい。
今のところ、カズフサと愉快な仲間たちとの絡みはないけど、
そんな話もそのうち来るのかな?
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラブやん 11 田丸浩史

ロリ・オタ・プーの三拍子揃った男もいつの間にやら三十路。5年の歳月を経てダメな方向に成長を続ける勇者が遂に独り立ちしました(親の援助...

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定