花やしきの住人たち 3巻

花やしきの住人たち (3) (角川コミックス・エース 121-9)
花やしきの住人たち 3巻
桂明日香
角川書店

女子寮で暮らす男子高校生、安芸と、問題を抱えた寮生たちとの交流。

安芸の父親話にれんげの告白など、
大きなイベントラッシュで始まった3巻。
このあたりのイベントは予想通りの展開でこなし、
さあ、あやめと杜若の話だ、
と思った矢先に
終了とは。

物語を通して、
一番成長したのは、安芸だろうな。
色んなことがあって、色々な人と関わって。
もう少し、男友達との話があると、
より一層安芸の良さが伝わったかな、と思ったけど。
一方、あやめたちの方は、
安芸と関わったことで多少の変化はあったものの
結局あまり変わってないじゃん、という終わり方で
ちょっと寂しい感じ。
一つの物語としてはがっかりだけど、
実際、そう簡単に物事が良い方に向かう訳ないよな、ということで
納得することに。

まあ、何だかんだできっちりそれなりの話としてまとめるあたりは
さすがプロ、だと思う。
最近、中途半端な途中で終わって放置状態になってしまうものも多いし。
それにしても、あとがきの気になること。

杜若の役回りが、
ただひっかきまわすだけで終わってしまったのも
残念な感じ。
おかげで、あやめまで救われてない感じで終わってしまって。
まあ、それがこの作品の味なんだけど。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定