ミツバチのキス 1巻

ミツバチのキス 1 (1) (アクションコミックス)
ミツバチのキス 1巻
伊図透
双葉社

触れた人のことがわかってしまう慧の能力を巡り、宗教団体、そして国がその力を利用しようと画策する。

人物の心理描写を楽しむ作品。
画風もそういう作品の方向性に良く合ってるので、
非常に読み甲斐のある作品になっている。
ストーリーや世界観が中途半端に取ってつけたような感じになっているのではあるけれど、
「わかってしまう」という能力の設定と
それを元に描かれる主人公・慧や駿河の心の動きが
非常に良く描かれているから、
作品全体としてみるとなかなか重厚で稚拙感無く。

とりあえず、1巻で一区切りついたような感じだったけど、
この先の展開がどうなるか全く読めなくて、
非常に楽しみ。
特に、慧がちゃんと成長したか、という点は読みたい。

慧が自分の能力に目覚めるきっかけとなったみほとの話は
もっとじっくり描いて欲しかったかな。
この作品の核の原点となる話だし。
他にも、宗教団体に引き込まれる話とか、
ちゃんと描いて欲しかったな、というエピソードはたくさん。
その辺が、とってつけた感を感じる原因なんだろうな。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定