ZOOKEEPER 7巻

ZOOKEEPER 7 (7) (イブニングKC)
ZOOKEEPER 7巻
青木幸子
講談社

楠野香也のアイデアがコマ動物園の動物園としての存在価値を高めていく。

ヤマネの話の完結編にシマウマ話、
大の最期と
7巻も、動物と動物園のことを
いろいろ考えさせられる内容盛りだくさん。

ヤマネ編は、いつもの
アイデアが通って、モモとクマ園長が宣伝して
大団円。
一転、シマウマ話は、サーカスの調教師登場で、
とても深い話。
目的や目標が一緒でも、
そこに至る過程をどうするかは
立場や信念によってどうしても異なってしまうから、
どうすれば良いかなんて、正解はないよな。

そして、まさかの
大の大往生。
問題が解決して、やれやれとなったのは
つい先日なはずなので、
まさか、こんなに早くこんな展開になるとは。

それにしても、この作品は、
上手く伏線をバラまいて
それらをきれいに拾っていくな。
ものすごく流れが良くて、お見事。

酔っ払った楠野さんがかわいい7巻。
でも、能力の活かし方や飼育員としての成長はすばらしいので、
最初の頃の印象とはずいぶん変わって
頼りがいのある飼育員、という感じになってきた。
それにしても、秦野息子は。。。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定