スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつかまたかえる


いつかまたかえる
荒井チェリー
一迅社

16歳の誕生日に生け贄に出されてしまった神守水祈だったが。

神さまもの作品。
タイトルにもなっている、カエルの神さまのお話だけど、
実はカエルの設定は、ほどほどに活かされているだけで、
ごく普通の美少女神+神にいいように振り回される少年ものだったり。

神さまは、明るく世間知らずな子だし
従者の蛇は影が薄いしで、
神側はパッとしないキャラが多いけど、
主人公の妹が
なかなかおいしいボケ役なので、
兄妹漫才が楽しい。
話全体としては、話の軸が
あっちにぶれたりこっちにぶれたりでまとまりが弱かったりするけど、
この作品の肝は、この兄妹なので、
この部分で最初から最後まで楽しめる作品になってる。

遅れてきた良い幼なじみ電波少女の円が
とてももったいないキャラだった。
幼なじみとしても不思議なもの好きキャラとしても
かなりキレのあるキャラだっただけに、
登場の遅さがもったいない。
円電波、面白くなりそうだったのに。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。