PUREまりおねーしょん


PUREまりおねーしょん
高木信孝
メディアワークス/一迅社

アンドロイドのあのんが、普通の人間として女子高に通うことになったが。

アンドロイドと人間が心を通じ合う百合もの作品。
当時は、百合ものに何となく苦手意識があったけど、
新装版として発売されたので再び読んでみると、
あいなの揺れる想いが読み応えある作品だと思った。
百合っぷりも程よいから読みやすいし。

ほとんど人間なアンドロイド、あのんと
あいなやみなもたち人間との
友情以上の関係が、
超進化型アンドロイドとしての成長とともに発展していくのが
とても面白い。

特に、あいな。
当初の、あのんをライバル視してツンツンしていた姿から
最後の、文化祭での完全に心を許した姿まで、
その変化の過程がとても読んでいて楽しい。
あのんに人の心を教えた、という意味では
みあもの方がその役割は大きかったけど、
アンドロイドとの関わり、という点ではあいなの方が大きかったから
この結末は納得かな。
どんどん相手への想いが強まっていく感じの描かれ方が
表情の変化とともに素敵に描かれてるね。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定