コッペリオン 4巻

COPPELION 4 (ヤンマガKCスペシャル)
コッペリオン 4巻
井上智徳
講談社

遺伝子操作により放射能抗体を持ったコッペリオンたちをつけ狙うものたちとは?

放射能汚染された都市で
生存者を救出するために奮闘する女子高生たちの物語4巻は、
コッペリオンの再生能力すげー、なエピソード連発。

いよいよお産が近付いてきた息吹だけど
政府は全く現場に見向きもしないし
相変わらず甘ちゃんな荊がやらかして面倒なことになってるしで、
状況はなかなか好転せず。
次から次へと降りかかる厄介ごとのおかげで
息をつかせぬ展開の連続。

男コッペリオンの遥人も登場。
喰えない感じが良い方向に働いて
なかなか面白いキャラだぞ。
荊たちのようにぬるい連中と違って
目的のためにきっちり考えて行動する感じが
この退廃的な都市を舞台にした物語の雰囲気にはよく似合う。

驚異の回復力でタエ子も復活。
しかも、外科手術で荊を復活させちゃうし、
大活躍ですな。
良いとこなしな葵にも
そろそろ良い働きをしてもらいたいところ。
目立つ、という意味では
タエ子より圧倒的に上なんだけど。

巻末では、いよいよ、
荊以上に面倒なキャラクターな小津姉妹が登場。
未だ正体が明らかになりきってない敵の
姿、目的も徐々に明らかになってきて、
女子高生たちが大暴れするのを楽しむだけ
あるいは、科学のマイナス面を描くだけの作品から、
ストーリー的にもちょっとずつ厚く面白くなってきてるね。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定