天獄 5巻


天獄 5巻
うたたねひろゆき
集英社

空の元から砂姫が去って数ヶ月、教団に動きが。

4巻での惨劇から少し時が経ち、
空は、羽海と義兄妹として暮らし、
砂姫は、透湖とともに暮らす。
それぞれの生活が落ち着いたところで、
教団では強欲が動き始めたり
クインテットが再び砂姫に戦いを挑んだり。

クインテット戦では、
透湖の能力が発揮され。
未だ、透湖の素性が謎のままで気になる気になる。
イシスも乱入し、クリスが殺られてしまったが、
教団のメンバー、指揮者、ディアナなどなど
それぞれの思惑が複雑に絡み合い、
今後の展開が読めないな。
続きが楽しみ。

羽海と空の暮らしは、
羽海とその友達のメガネトリオでキャッキャとか
兄と妹のラブラブな夜、朝とか、
実にほほえましい日常が展開されてる。
ただ、外からの影響や攻撃はないものの、
惨劇の記憶をなくしている羽海の、記憶の問題と
血を求めてしまう空の問題が、徐々に。
そして、あることをきっかけに平穏な日常が崩れかねない事態へ、
ということだけど、
そのきっかけが、これは。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定