スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空色スクエア。 1巻

空色スクエア。 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
空色スクエア。 1巻

芳文社

幼なじみだった修一、深雪、文香の三人が数年ぶりに再開したけれど。

幼なじみ同士の三角関係もの作品だけど、
幼なじみの関係において一番重要な
小さい頃の記憶を失っているというハンデ戦。
しかも、記憶を失った深雪の方がもともと優勢だった上に
面倒な性格になってしまって、と
設定からしてワクワクな作品。

実際のストーリーを読んでみると、
深雪の厄介さと文香の明るさ元気さ、
修一のよく分からないキャラクター性が
見事にかみ合わず、
今のところ、なんだかまとまりのない展開だったり。
やはり、各キャラクターの心の描写の少なさが
いまいち話に入り込めない原因なんだろうな。
修一が二人の間で揺れ動いて、というところがまだないので、
三角関係の面白いところはまだまだこれから、という感じ。
帯にあるような、もどかし感よりも
泥沼の三角関係の方が、
今のところこの作品が持ってる雰囲気に合ってる気がするかな。

記憶を失った深雪の方が記憶に残りそうなのに
元気元気な文香のフリーダムっぷりの方が記憶に残る今のところの展開。
アイドル、下着、セーラー服、ネコミミメイドに浴衣、と
現在でも視覚的に楽しませてくれる上に
修一を振り回す姿がかわいい文香。
それに加えて、子どもの頃の、髪盛り盛りなメガネ少女姿の
反則的にかわいいこと。
ここまでやっておいて報われそうな気配
今のところゼロなんだから。
深雪の方が、記憶がないことに対するコンプレックスが強すぎて
まだ、かわいくも面白くもないキャラになってしまってるから
余計に文香に入れ込んでしまったり。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。