スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ToHeart2 ポータブル Wパック

ToHeart(トゥハート)2 ポータブル Wパック(初回限定版:PSP版「ToHeart」&「フィギュア2体」同梱)

ToHeart2 ポータブル Wパック
アクアプラス
PSP

新しい春を迎えた河野貴明の学園生活。

恋愛ものアドベンチャーゲームの王道中の王道、
ToHeartシリーズのPSP版。
キャラクターの魅力としっかりしたシナリオがあれば
奇をてらったり変に媚びなくても十分面白い作品は作れる、ということを確認できる作品シリーズ。
今回は、アナザーデイズでなく、オリジナルの方プラスアルファですな。

ToHeart2の場合は、特に、キャラクターの方が印象強い作品だったかな。
やはり一番は、タマ姉。
年上キャラとしての立ち振る舞い、
大人なところとかわいいところを良いバランスで兼ね備えてるところなどの
内面的な魅力に加えて、
程々のむっちりなボリュームにすっとした立ち姿。
自分の中ではこの手のゲーム史上で記憶と印象に残るキャラクターの一人だったり。

今回、タイトルはToHeart2だけど、
自分にとっては、ToHeartと言えば1の方。
ということで、ToHeart同梱版を購入。
PS2で最初に発売されたときもそうだったように。

ToHeartといえば、幼なじみやメイドロボの印象が強いような気もするけど
自分にとっては
ToHeart=いいんちょ。
2のいいんちょもかわいいことはかわいいのだけど、
やはり保科智子の方の委員長っぷりにはかなわない。
ストーリーも、愁いを帯びた展開の委員長ルートは
詳しい内容はさすがに記憶が薄れてしまったけど
未だキュンキュンした当時の感情だけは思い出せるくらいだし。

もう10年以上前の作品なのに、まだこれだけ記憶に残っているというのは、
それだけToHeartが色んな意味ですごかった、ということかね。

2では、ちゃるくらいしか主要メガネキャラがいないのも
個人的にがっかり残念。

コンシューマ版なので、エロなしなのだけど、
ToHeartにとってはそれほど気にならなかったり。
その一方で、2だと何か物足りないような。
オリジナルがPS2版で、そういうのなしだったはずなのに
それなしで不足を感じるとは、これいかに?
逆に、ToHeartの方は、パソコンでオリジナル版をやっていて
エロ余計、いらね、と思った記憶があるくらい。

この手のゲームは、パソコンを立ち上げてがっつり腰を据えてやるものという印象だけど、
もう、そういう気力は無くなってしまった自分には、
携帯ゲーム機で遊べる、というのは、ちょっと布団の中で、という遊び方もできるから
大変ありがたいことで。
スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。