アシスタント伝奇ケイカ 2巻


アシスタント伝奇ケイカ 2巻
西川魯介
白泉社

漫画家を目指すたまえを支えるケイカに鉄ペン党からの刺客が次々と送り込まれ。

シュールでオカルティな漫画家のアシスンタント物語、2巻。
いよいよ、たまえが漫画化デビュー、
一方のケイカは、
漫画だけでなく身体の方でもたまえを支えることによろこびを覚え。

鉄ペン党との戦いも佳境。
ヒルメの呪いの言葉や嫌味とうらみつらみの言葉にひるむことなく
ケイカは鉄ペン党、そして、アシスタントだけの人生から逃れることに成功。
漫画家vsアシスタントな世界がこんななのかは知らないけれど、
対立と陰湿さは、鉄ペン党を通じて描かれてるような感じなのだろうか?
陰日向からケイカを見守る
謎のオウムガイ少女=兄、
大活躍も。

缶詰め、とか○○○ネタは厳禁、とか、
漫画家ネタも満載。
編集者に媚び取り入って、とか
ネタ的にはヤバそうな気もするけれど、
ここまでお間抜けエロエロだと
そんなことどうでも良くなっちゃったり。

夕紀も、ツムギのそっくりさんが主人公の作品でデビュー、
ツムギ大喜び。
でも、ひとつ上の男って何だ?
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定