魔法行商人ロマ 1巻


魔法行商人ロマ 1巻
倉薗紀彦
小学館

欲望と引き換えに願い事をかなえる魔法具を売り歩く行商人ロマ。

魔法の力で自分の欲望をかなえるとどうなっちゃうんだろうね、という、
設定はよく聞くものだけど、
一話一話がきっちりまとまっていて読みやすいし、
この手の作品にありがちな、バッドエンドばかりでなく
良い方向へ向かった話もあったり、
マンネリな感じがしないのが魅力。
キャラクターもかわいいしね。

ただ、やっぱり、
二話目、三話目のような締めかたの方が、
こういう作品らしいかな、とも思ったり。
歪んだ力で欲望を満たせば
それなりの報いをうける、ということだろうから。

魔法具を受け取るのが同じような年齢のキャラばかりなのは気になるところ。
部活とか図書委員とか、学生の話ばかりだと
そのうちワンパターン化してしまいそうで。

一話完結なので、変にダラダラ続いて間延びすることとは無縁なのだけど、
一話目のような、後日談が面白そうな話は
続きが読みたいな、とも思ったり。

まだ、ロマの目指すところが見えないから、
その辺の話も読んでみたいかな。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定