辣韮の皮 7巻


辣韮の皮〜萌えろ!杜の宮高校漫画研究部〜 7巻
阿部川キネコ
ワニブックス

滝沢のように、道を踏み外してしまったものはそう簡単にオタクの道から抜け出すことはできないもの。

痛いオタクのあるあるネタ作品の先駆け的存在な4コマ漫画作品が
遂に完結。
とはいっても、滝沢に春は来ず、
トーンの削りがちょっとできるようになった以外は
最初から最後まで結局何の成長もできなかったという。
主人公なのに、何としょっぱいキャラだったんだ。
月子と結局何もなかったねえ、
泉、伊達の関係は
ちょっぴりだけだけど進んだというのに。

最初の頃は仲の悪かったちゃみぃと青葉も
カップリングが噛み合いまくりで
すっかり仲良しに。
いがみ合ってた頃の方が面白かったけど、
買い専だった青葉が友達と同人誌を出すようになり
そのことを相談するような仲になったのだから
これはこれで良い展開だったんじゃあないかと。
それにしても、ちゃみぃ、
登場時から一番遠いところにたどり着いてしまったキャラになってしまったねえ。
最初の頃の面影がほとんどないし。

最後のレギュラーキャラ、
牛下が大活躍だった7巻。
漫研の女子+女装滝沢とも打ち解けたけど
汚されることはほとんどなかったし、
塩釜女史との仲も順調。
数少ないまともに見えるキャラだったから色々使えて
面白かったんだけどな、
もっと早く登場してくれてれば、という感じ。

本編では、塩釜女史を部長がかばう場面があったし、
巻末のおまけでは、2人の過去も描かれ。
この2人の、お互い一歩も引かない絡みは
オタ同士の意味の
すごいけど世間的には全く意味のない議論ぽくて好きだったから
もっと見たかったところ。
パクリ野郎をやり込めた後の、牛下含めた関係も
もうちょっと描いて欲しかったけど。
調子に乗ったオタクには
部長のような口が達者なオタクが効くねえ。

原稿なくした、とか時事ネタが懐かしい。

感動の大団円、でなく
あっさりした終わり方が
この作品らしくて良かった最終巻だった。
スポンサーサイト

テーマ : 4コマ漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定