スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響子と父さん

響子と父さん (リュウコミックス)
響子と父さん
石黒正数
徳間書店

岩崎家の、定年した父と年頃の娘との平凡な日常風景。

ヘンクツ父と父思いな娘響子との
何気ない会話が面白い作品。
回りくどい物言いをするお父さんと
ごくごく普通の長女な響子の
かみ合ったりかみ合わなかったりな会話が
何となくリアリティを感じさせてくれて
良い具合。
響子が結婚相手を連れてきたり、
お父さんが警察に捕まったり、と
色々大きなイベントもあったけれど、
こういうイベントでも、面白いのは
やはりこの2人の会話シーン。
こんな良い親娘関係の家庭がうらやましい。

父と長女以外にも、
岩崎家には、母と次女がいるのだけれど、
お母さんは、お父さんとの馴れ初め話以外ではあまり出番なく。
父と響子の関係を見守る立場なキャラかと思ったけど、違ったようで。
そういうキャラクターが一人欲しかったかな?という気がしなくもなかったから。
次女の春香も、長い間音信不通なキャラということで
最後以外は回想シーンでしか登場せず。
長女の響子と、父との関係はじめ
いろんな意味で対比させられるキャラクターな位置付けだと思うから、
もう少し出番があっても良かったかな、
特に、現在の場面で。

春香と父さん、のエピソードもなかなか。
家を離れて暮らし始める時の、
父と姉の心配っぷりと
春香のそれを疎ましく思ってしまう姿が、
自分が家を出たときと重なって
なんだか懐かしい感じがしてしまった。
でも、自分のときは、
家族の声が聞きたくはならなかったけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。