FC2ブログ

カラミティヘッド 1巻

カラミティヘッド(1) (アフタヌーンKC)
カラミティヘッド 1巻
虎哉孝征
講談社

北アイルランド独立を前に起こった殺人事件は、生ける首の伝承の再現であった。

考古学が趣味な刑事、レーチェルが、
自身が慕う考古学者ファーガスと仲の良かった准教授、ヤエコの首なし遺体と出会ってしまったことにより
ケルト神話の世界で神聖視された「首」の伝承そっくりの事態へと巻き込まれていく
ミステリー作品。
北アイルランド独立、という歴史的舞台の裏で起こるミステリアスな事件が
神話に絡んだ形で展開していくのが
実に面白い。
まだ、ストーリー的には入り口をちょっと入ったくらいのところだろうけれど、
レーチェルとヤエコの微妙な関係から
事件の真相を知る勢力の存在、
独立の裏で蠢く事態などなど、
このまま話が進めば面白くなりそうな要素たっぷり。

冒頭で登場した艦艇や、
事件の真相を語る上で重要な位置を占めそうな
色々裏がありそうな大企業など、
古代の話だけでなく現代的要素もふんだんに含まれてるけれど、
それがどう絡んでくるかも見もの。
神話モチーフ作品なら先の展開も予想できるけれど、
こういうものが絡んでくると、読みづらいから。
ワクワク感あり、だ。

ケルト神話自体は、知ってるような知らないような、くらいの知識なので、
この作品を通じて、ちょっと知識を取り込んでみたいかな、とも思ったり。
でも、それくらいでも十分楽しめるのは
ミステリー作品自体の出来も良いということだろうね。

一番面白くなりそうなのは、
レーチェルと、ヤエコ(首)の関係。
ファーガス博士を巡る関係、気になるな。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定