わたしの大切なともだち 3巻

わたしの大切なともだち(3) (アクションコミックス)
わたしの大切なともだち 3巻
袴田めら
双葉社

記憶を失った友人、橘ちゃんの記憶が戻るとき、エビちゃんとの関係は。

ギクシャクしていた幼馴染みの友人との関係を
記憶を失ったことを利用して取り戻そうとしてしまったエビちゃん。
しかし、ついに橘ちゃんの記憶が戻りはじめてしまい、
2人の関係はどうなる?
という最終巻。
専門学校の修了製作が始まり、
エビちゃんはともだちのことを、
そして、橘ちゃんは、自分のことを
マンガとして描き出す。
お互いがお互い、専門学校での日々を基にしたお話だけど、
橘ちゃんの不思議なお話の意味するところの真実が
抽象的だけど深くて
なかなか面白く。

その後、記憶が戻った橘ちゃん、
エビちゃんに対する過去の行為への贖罪の気持ちは
エビちゃんが橘ちゃんに対して気にしていた以上の思いがあったのね。
時間はかかったけれど、2人の関係が良い方向に進みそうで
良かった良かった。
専門学校生活での2人の関係は、ある意味
偽りのものだったかもしれないけれど、
仲間と楽しく過ごした日々自体は
これはこれで良かったんじゃないかな。

2人の関係以外にも、
皆からは才能ありと思われている和歌の、周りの目と自分の中の気持ちとのギャップ、や
自分の才能を他人と比べてしまって身体を壊してしまった寒河江っち、など、
美術学校ならではの
才能と人間関係の狭間で苦悩する姿も面白く。
ぶつかりながらも相手を認めていく青春劇、
これぞ、美術系学園ものの一番面白いところですな。

それにしても、メイドエビちゃん、
微妙すぎだ。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定