成恵の世界 11巻

成恵の世界 (11) (角川コミックス・エース 60-11)
成恵の世界 11巻
丸川トモヒロ
角川書店

成恵と和人が拾った卵から赤ちゃんが。

バカップル+SFもの作品、久しぶりの11巻は、
何といっても
成恵と和人が拾った金の卵から生まれた赤ちゃん、てとらがメイン。
拾った成恵と和人をママパパと慕い、
ものすごい勢いで成長するてとらに
みんな振り回されっぱなし、というほのぼの展開もつかの間、
てとらをつけ狙う勢力に襲われたりして
さあ大変、という感じに。
てとらの正体が結局いったい何なのか、色々説明あったけれど、
理解しきれなくて悶々としてしまったのだけど、
この作品で久しぶりにかわいいと思えるキャラの登場だ、というのだけは
間違いないな。

相変わらず見どころのない和人と、
メイド服を着たり髪型を変えて見た目がかわいくなることはあっても
微妙な性格と和人という毒にも薬にもならない男を好きだというせいで
魅力大幅減な成恵のバカップルコンビ、
今巻も変わらずラブラブしててウザい限り。
まあ、SFを楽しむ作品なので、別に何をやってくれても良いのだけれど、
もう少ししっかりして欲しいなあ、この2人は。

肝心のSF展開の方は、
てとらを守るための手がかりを得るために
この世界の歴史を振り返って学ぶお話。
ゲームという形で歴史に触れようとしたら
おかしなことになってしまった和人と丸尾が
吹っ飛ばされた世界で四苦八苦。
でも、ガッツリなSF話がものすごいスピードで展開された上に、
結局、オチが並行世界、ということで
何が何だか分からないまま11巻終了、になってしまったなあ。
SF慣れしてないものにはキツイ。

恋愛展開だけでなくSF展開まで厳しかった11巻だけど、
はじめのかわいい表情がたくさん見られたことだけは
救い。
その他、レギュラークラスで見せ場があったキャラは
てとらに懐かれた鈴かな。
子どもなてとらの相手役には
見た目もちょいドジなところもちょうど良いキャラだね、この子は。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

丸川トモヒロ「成恵の世界」第11巻、角川書店

庶民派SFハートフルラブコメディこと、「成恵の世界」が久々の新刊発売!実に2年ぶり。エースではかなり長期にわたって休載していた様子。10巻の帯では、「久しぶりにマトメ読みしたら元気が出ました。なぜだか解からないのですが、それがワンダー」と、谷川流先生が推薦

コメントの投稿

Secret

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ad
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定