スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ULTRAMAN 4巻

ULTRAMAN(4) (ヒーローズコミックス)
ULTRAMAN 4巻
下口智裕/清水栄一
小学館クリエイティブ

ULTRAMANとしての自分を覚悟し、危機に覚醒した進次郎の次なる相手は。

巨大化しない代わりに
バトルスーツ姿で怪獣と戦う新世代ウルトラマン、4巻目。
あの早田の息子、進次郎も、
セブンとして戦う諸星弾も、
技の名前は昔のままなはずなのに
それを繰り出すシーンは実に現代風、
メカメカしい姿が今巻も相変わらず格好良いね。

ストーリーの方は、
自分の特殊すぎる体質に元々戸惑いがあった上、
実際にULTRAMANとして驚異的な力で敵を倒してしまったことで
自分のやったこと、これからやるかもしれないことに疑問を感じていた進次郎が、
ふとしたきっかけで自覚を新たにし、
自分を試すために仕組まれた騒動の最中に
持てる力を覚醒させたことで、
戦うことで皆を守る覚悟を決めることに。
疑問を抱えたまま戦うヒーローも悪くないし、ストーリーも面白いけれど、
やはり、戦う姿は、持てる力をフルに投入しているときの方が美しく格好良いもの。
いろいろきな臭い展開に巻き込まれることになる進次郎だけれど、
身も心も本気になったことで
より一層格好良く戦う姿に期待大だな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ストレッチ 1巻

ストレッチ 1 (ビッグコミックススペシャル)
ストレッチ 1巻
アキリ
小学館

ルームシェアを始めた高校時代の先輩後輩、2人の日課?はストレッチ。

家族のことで、パートナーのことで、
過去現在いろいろあった、
高校時代、妙な縁で仲良くなった先輩後輩が、
戯れたり軽口を叩きつつ
女2人でルームシェア生活をする中、
心身をリフレッシュするために
身体のストレッチを日々実践するお話。
ヤンチャで強気な先輩と
天然ほんわかな割にしっかりものな後輩の
似てないがゆえに仲良し相性良い2人が、
それぞれ、プライベートではいろいろ抱えて大変、というストーリーもさることながら、
毎日、じっくりしっかりストレッチをする様子が
事細かに描かれていて、
気持ち良さそうだし、
勉強にもなるし。
2人にはなかなか重そうな裏事情がありながらも
読んでる方は、もやもやするどころか
むしろ、すっきりするような読後感、
不思議。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダムサンダーボルト 3巻

機動戦士ガンダム サンダーボルト 3 プラモデル付き限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)
機動戦士ガンダムサンダーボルト 3巻
太田垣康男
小学館

サンダーボルト宙域におけるガンダムvsザクの結末は、艦艇から逃げ延びた乗組員たちは。

初代ガンダムと同じ一年戦争が舞台の、
とある宙域での
連邦、ジオンとも複雑な事情を抱えた部隊同士がぶつかり合う戦いを描いた作品3巻目。
フルアーマーガンダムとサイコザクの、
互いのエースモビルスーツ同士の戦いの決着、
両軍がともに艦船を失う激戦の収拾、と
この戦いのエピソードのクライマックスを迎える巻だけあって、
モビルスーツ戦の流れるようなスピード感も、
沈んだ船から逃げ抜けて何とか生き延びようとする者、
自らの命と引き換えに決着をつけようとする者の描写も、
迫力が今まで以上に凄まじい。
特にモビルスーツ戦は、
動く映像で再現されることをぜひ期待したい激闘っぷり。
お互いがお互い、色々なものを抱えながらも
戦いに引き込まれる展開、ますます熱い。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

親父の愛人と暮らす俺 1巻

親父の愛人と暮らす俺 (1) (バーズコミックス デラックス)
親父の愛人と暮らす俺 1巻
玉置勉強
幻冬舎

太郎が一緒に暮らしているのは家族でなくて父の愛人。

引きこもり男子高校生と
彼よりちょっと年上の父の愛人という
奇妙な組み合わせの2人のごくごく日常の風景が、
淡々としつつも充実感あふれている感じ、なお話。
年頃の男女がマンションの同じ部屋で暮らせば
さぞかしあんなことやこんなことになるかと思いきや、
年上お姉さん智奈子は太郎にとっては父の愛人、
しかも、それぞれにいろいろ抱えた2人なので、
表向き天真爛漫な智奈子のはしゃぎっぷりに
太郎が振り回される日々ではあるけれど
どことなく2人の間には距離がある感じ。
そんな微妙な関係の2人だけど、
それなりには打ち解けつつある感じ、
シリアスネタから奔放じゃれあいまで
いろんな2人の顔を見られて楽しい。
とはいえ、この2人の現状がいつまでも続くわけではない感じ、
どういう落としどころが待っているか、気になるな。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

蜜の島 2巻

蜜の島(2)
蜜の島 2巻
小池ノクト
講談社

言葉が通じても風習が日本とは全く異なる島で、本土から来た者たちは次々と…

友人の遺した子どもを、母親の故郷である
地図にも記されていない島に戻しにやってきた南雲。
しかし、島に暮らす人々のあまりにも奇怪な風習と
意図の読めない言動、
そして、彼らを狙う者たちの攻撃を前に
必死にサバイブすることになる
ミステリアスストーリー2巻。
島の風俗慣習、特に、死に対する考え方の違いゆえ
地元民と軋轢を生むことになってしまう本土からやってきた者たちなので、
ただでさえ、意図の読めない襲撃に加え、
一部の者の怒りも買ってしまう。
おかげで、さらなる犠牲者が出ることとなり、
かろうじて生き延びている南雲も
ミツの扱いを迷うまま
島の者の言いなりになるしかなく。
次々巻き起こる奇妙な出来事と
落としどころのわからない先の読めない展開が
見事に心をかき乱してくれるこの作品、
どう決着するのやら。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。