スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンクエスト2

ドラゴンクエストII
ドラゴンクエスト2
スクウェアエニックス

DQ2もandroid版が出たので、早速プレイ。

DQ2は、初代からSFC版に変わった段階で、
復活の呪文がいらなくなっただけでなく
サマルトリアの王子が装備できるものが増えたり、
使える呪文が変わったり、と
いろいろ難易度を下げる変更がなされたけれど、
今回のバージョンではさらに、
ルーラで飛べる場所を自分で選択できるという
この作品最大の面倒事からの解放が大きい。
武器を買うにもいちいちお出掛けする必要がなくなったのは、楽。
ギラがパーティ対象になって、序盤がつらくなったのなんて気にならないくらい。

操作性は、ほかのシリーズと同様、
コントローラーで遊ぶのよりもちょっと面倒。
アイテム一つ使うのに手をあちらこちらへ動かして
ピンポイントでとある場所をタッチしないといけないのは、
想像以上に厄介なのよね。

脳を鍛える大人のDSトレーニング WiiU版

東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング
脳を鍛える大人のDSトレーニング
任天堂

DSの性能を活かした元祖脳トレゲームが
WiiUで期間限定で無料配信ということで
早速触ってみることに。

WiiUのコントローラーの画面を使ってDSのゲームをするというのが
実際どうなのか、
それを試すのにちょうど良いソフト。

文字数字を書き込むことになるこのソフト、
タッチペンでなくても何とかギリギリやれる、という感じかな。
しかし、コントローラーの画面をDSの2画面分表示した状態というのは
思った以上に1画面分が狭くて、
手軽にタッチしづらい感じ。
他のDSや3DSのゲームをするのに使えるかは
未知数っぽい。

ドラゴンクエスト4

ドラゴンクエスト4 
ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

スマホ版
スクウェアエニックス

スマホでもシリーズがリリースされ始めたドラクエの、4。
ストーリーでも天空シリーズへの移行があり、
システム面でも、章立てやAIなどのたくさんの試みがなされ、
その幾つかは後々にも受け継がれている本作。
キャラ立ちの面でも印象の強い作品だし、
リアルタイムで遊んだ勢としては、
スマホで手軽に触れられるようになったとなれば
手を出さざるをえないですね。

さすがに、スマホのタッチパネルでドラクエ、は、
システムの単純な1ならともかく
ここまでいろんな要素が入ってきてしまうと
十字キーとボタンで入力していた頃に比べて
面倒事がたくさん。
移動に関しては、このゲームだけでなく
同様の入力方法をとっているものもいくつかあるので慣れてきているけれど、
ある行動やアイテム呪文を選択する部分では、
どうしても、いちいち目的のボタンをタッチする必要があるため、
手を画面中あちらこちらに動かす必要があって、
手軽さが全くなくなってしまい。
まあこれは、PCでこの手のゲームをやっていた頃からの悩みではあるけれど、
せっかく手軽にスマホで遊べるようになったのに、
それが犠牲になってしまっているのが残念。
特に、元々あったAIによるオート戦闘が、昔ほど賢い行動をとらなくなり、
自分でコマンドを入力したくなるにも関わらず
その入力が大変手間なのが、つらい。

そんな苦労をしても、それを補って余りあるのがドラクエ4。
アリーナの魅力には抗えない。

PS4

Playstation 4 First Limited Pack (プレイステーション4専用ソフト KNACK ダウンロード用 プロダクトコード 同梱)
Playstation4
ソニー・コンピュータエンタテインメント

ゲーム機本体はなるべく発売直後に買うことが慣例化しているため、
PS4も予約して購入。
やはり、新製品は誰より早く触りたいもの。

本体の大きさは、初代PS3よりかなりコンパクトになった印象。
コントローラーは、いろいろとボタンやらが増えて
これまでとはちょっと違うものな雰囲気、
感触自体は変わらないかな。

設定はそれほど大変でなく、
アップデートデータを落とすのに少し時間かかるけど
順調に使う準備は完了。
メディアでゲームソフトを購入してないので、
基本無料のソフトなり、ダウンロード購入するソフトなりを手に入れることになるのだけれど、
比較的シンプルなゲームでもやはり、それなりのデータ量なので、
実際に遊び始められるまで、また我慢。
一度落としてしまえば良いとはいえ、
やはり、やる気を削がれるのよね、このダウンロード時間というのは。

画面の綺麗さは、さすがと言えばさすがだし、
でも、過去の世代交代に比べると、格段に凄くなったという感動まではないかなとも言える感じ。

気になるのは、オンラインで遊ぶゲームでは
基本PlaystationPlusに入らないといけないことかな。
XBOXの方では前からそうだったけど、
常時遊ばないのに課金する必要あるのどうかな、と思って
結局手を出さず、
結果、本体自体も一時期カルドセプトをやっただけで後は稼動してない状態になってしまったので、ね。

スクリーンショットなどキャプチャー機能が手軽なのは、良い感じ。

でもまあ、どれだけ本体が良くても
結局はゲーム次第であるので、
自分のやりたい、これというソフト待ちになってしまう訳で。
それまでは、数独でもやって待ちますか。

グランツーリスモ6

グランツーリスモ6 初回限定版 -15周年アニバーサリーボックス
グランツーリスモ6
ソニー・コンピュータエンタテインメント

昨年末、失効しそうなポイントがたくさん残っていたので
ロジクールのドライビングフォースGT
ロジクール ドライビングフォース GT(LPRC-14500)
をポイントで買ってしまったので、
購入を見送ろうか迷っていたGT6も購入。
アナログコントローラーではさすがに
レーシングゲームの魅力は半減。
ゲームであっても、
ステアリングコントローラーと、フットペダルで車を動かすのが良いですね。

世界中の様々なコースを
古今東西の様々な車で走れるのがこのシリーズの魅力。
基本的なところは今まで通りといえば今までどおりなので
レースに出まくって運転できる車を増やして、という作業が
手間ではあるかな。
運転自体が楽しければ問題ないのだけれど。

演算システムもアップデートされて、
より実際に近い挙動になってるとのことだけど、
ただ、さすがに、自分が運転したことのある車だと、
ゲーム内と実際とでは、操作感の違いは大きいなあ、と思うことも。
いくらなんでもその程度のハンドルとブレーキ操作では
スピンしないよ、と。

今後楽しみなのは、
実際に走った道をGPSログをとって
コースメイクできる機能の実装。
たくさんのコースが収録されているとはいえ、
走ってみたいのとはちょっと違うことも多々。
また、自分の見知った道を
買ったり触れたりするどころか目にすることも難しいスーパーカーで走ってみたら、
なんてこともやってみたいもの。
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のトラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
RSSフィード
web拍手
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
特にお気に入り
ブログ内検索
モンコレやってたり
購入予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。